WordPress   ※当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

デザインがおすすめなWordPressテーマ【初心者向けテーマ選定のチェックポイント】

2023-07-22 yume-tada

theme-with-recommended-designs

WordPressテーマの中で、おすすめのデザインは?

Worried
お悩みさん

テーマ毎のデザイン例が知りたい。

findout
お調べさん
ゆめただのり
ゆめただ

WordPressテーマ選びに、デザインは重要です。
あなたの作りたいブログサイトにあったデザインが表現できるテーマを選びましょう。

初心者は、具体的に作りたいブログサイトをイメージして、後悔しないように、気に入ったデザインが表現できるテーマを選ぶべき。

デザインがおすすめのテーマから、デザインの重要性について解説していきます。

本記事を読んでわかるコト

・ウェブサイトにおけるデザインの重要性

テーマデザイン選定のチェックポイント

デザインがおすすめなWordPressテーマ

・各テーマのデモサイトデザイン例

この記事を書いた人【ゆめただ】

この記事を書いた人
track?id=8172&type=classic&u=29055631 6b03 4008 aeeb aadeb3b40139

ウェブサイトにおけるデザインの重要性

ウェブサイトのデザインや機能は、訪れるユーザーに強い印象を与え、サイトのブランドイメージを築く上で非常に重要な要素です。

そのため、適切なWordPressテーマの選定は、成功するウェブサイトを構築する上で欠かせないポイントとなります。

Design team

WordPressテーマがウェブサイトの見た目や機能に与える影響

テーマで選択できるデザインやレイアウトのバリエーションは、そのテーマによって特徴がありサイトの目的に合ったものを選ぶことが重要。

あなたの目的に合った適切なテーマを選ぶことで魅力的な外観を持ち、訪れるユーザーに好印象を与えます。

逆に、あまり見た目にこだわらずに選べば、あなたのサイトのイメージや信頼性に悪影響を及ぼす可能性があります。

Choose

デザインがブランディングとユーザーエクスペリエンスに与える影響

ウェブサイトのデザインは、ブランドイメージを伝える重要な手段

あなたのブランドに応じたカラースキーム、フォント、ロゴなどを反映することで、

独自性を強調し、他と差別化されたウェブサイトを構築できます。

また、ユーザーエクスペリエンス(UX)にも大きな影響を与えます。

使いやすく親しみやすいデザインは、ユーザーの滞在時間を増やし、コンバージョン率を向上させ、

逆に、使いにくいデザインや不快なカラーコンビネーションは、ユーザーの離脱を招く可能性があります。

Mobile user

テーマデザイン選定7つのチェックポイント

テーマデザインのチェックポイント7つをまとめました。

Checklist2

1.ウェブサイトの目的・コンセプトに合うか

ウェブサイトの目的に合ったデザインが表現できるテーマか?

あなたのブログのコンセプトや目的に合うデザインが表現できるかということです。

ブログ系のサイトか、趣向・情報発信型のサイトか、企業や店舗、ECサイトかでデザインが変わってきます。

目的別のデザインの実例は、以下から確認できます。

Website Creator

チェックポイント

あたなのウェブサイトの目的やコンセプトに合うデザインが表現できるコト

2.カスタマイズ性

ウェブサイトを作成する際、カスタマイズ性は重要な要素の一つです。

カスタマイズ性とは、ウェブサイトのデザインや機能を自由に変更できるコト

カスタマイズ性の高いテーマを使用することで、

ウェブサイトにあなたのサイトブランドの色やロゴ、イメージを統一して反映させることができます。

これにより、あなたのサイトブランドのアイデンティティを明確にし、

ユーザーにブランドの認知や信頼を促します

カスタマイズの高いテーマは、ターゲットの好みに合ったデザインを実現可能

例えば、ビジネス向けのシンプルなデザインやクリエイティブなデザインなど、

ウェブサイトの目的や対象ユーザーに適したデザインを選択できます。

また、必要に応じて新しい機能を追加したり既存の機能を変更したりすることが容易です。

特定のプラグインを導入したり、カスタムコードを組み込むことで、ウェブサイトの機能性を強化することができます。

できるだけカスタマイズ性の高いテーマを選びましょう

Design team

チェックポイント

カスタマイズ性が高いウェブサイトは、自サイトの表現やユーザーエクスペリエンスの向上、ターゲットオーディエンスに合わせたデザインの実現など、多くの利点を持つ

新しい機能の追加や既存の機能の変更、プラグインを導入やカスタムコードを組み込むことで、ウェブサイトの機能性を強化できるテーマを選ぶ

3.レイアウト・カラースキームの柔軟性

ウェブサイトのデザインには統一されたカラースキームが重要です。

ウェブサイト内で使用されている色が調和して、

ブランドイメージやコンセプトに合致できるかを確認します。

事前にテーマのデモサイトで、イメージに近いデザインがあるかチェックしましょう。

サイトのカラーや、レイアウトが自由に変更できるか。

特に、あなたが表現したいイメージに近い色設定が細かくできるか

サイトの配色は重要で、色から受ける印象がそれぞれ異なります

サイトの配色から受けるイメージについては、以下から確認できます。

Design Process

チェックポイント

あなたのサイトのコンセプトに調和した色のデザインができるか

サイトカラーやレイアウトが自由に変更できるコト

色から受けるイメージは、色によってそれぞれ違う

4.デザインバリエーションの豊富さ

デザイン要素とは、ウェブサイトのビジュアル面を構成する要素のコト。

アイコン、イメージ、フォント、ボタン、アニメーションなどです。

これらの要素はウェブサイトのデザインの質を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

アイコンとイメージの品質を確認しましょう。テーマで使用されているアイコンや画像がクリアで高品質かをチェック。

フォントのバリエーションと読みやすさを評価しましょう。

デザインの一部としてフォントの種類とバリエーションも重要。

デモサイト内で使用されているフォントが適切で読みやすいものかを確認します。

タイトルと本文のフォントの相性やサイズが適切かも重要です。

Button style

チェックポイント

デザイン要素(アイコン・イメージ・フォント・カラースキーム・ボタン・アニメーション等)はユーザーエクスペリエンス向上に寄与

アイコンやイメージの品質、フォントのバリエーション等をデモサイトでチェック

5.デザインの独創性と差別化

魅力的でアクセスを集めるウェブサイトにするには、独創的なデザインと差別化が不可欠

競合する多くのウェブサイトが存在する中で、あなたのウェブサイトを際立たせるためには、

他とは異なる独自のデザインを持ち、差別化を図ることが重要です。

独創的なデザインは、ウェブサイトに個性とオリジナリティを与えます。

他のウェブサイトとは一線を画したデザインは、ユーザーに強烈な印象を与え、記憶に残る存在に

競合サイトが多い場合、デザインの差別化は特に重要。

類似したデザインのウェブサイトが多い中で、差別化されたデザインは、目立ち、競合サイトとの差を強調し、

あなたのサイトの特長をアピールする有効な手段となります。

また、独創的なデザインは、ユーザーの心に響き記憶に残り、再訪する可能性が高まります。

Creative thinking

チェックポイント

独創的なデザインは、ユーザーの心に響き記憶に残り、再訪する可能性が高まる

ユーザーを魅了し、競合他社との競争に勝ち抜く力を持つ

独創性なデザインで差別化できるテーマを選ぶ

6.ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスとは、ウェブサイト訪問中にユーザーか感じる体験のコト

単にデザインや機能だけでなく、ユーザーがサイト訪問の中で感じる感情や満足度、

使いやすさなど、さまざまな要素が組み合わさったものです。

優れたユーザーエクスペリエンスは、ユーザーの満足度を向上させ、継続的な利用やリピート利用を促進します。

また、ユーザーのポジティブな口コミやシェアによって、プロダクトの評判が向上することもあります。

ユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、シンプルで使いやすいデザインが必要です。

分かりやすいナビゲーションや、直感的な操作ができるユーザーにストレスを与ないコトが大切。

Click here2

チェックポイント

優れたユーザーエクスペリエンスは、ユーザーの満足度を向上させ、継続的な利用やリピート利用を促進

シンプルで使いやすく分かりやすいナビゲーション、直感的な操作ができる使いやすいテーマを選ぶ

7.レスポンシブデザインに対応しているか

スマートフォン、タブレット、パソコンなど、さまざまなデバイスが存在する現代において

ユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、レスポンシブデザインの実装が不可欠

異なるデバイスに切り替えても、ウェブサイトのデザインやコンテンツが自動的にデバイスに最適化され、

ユーザーはストレスなく情報にアクセスできる必要があります。

スマートフォンやタブレットを使うユーザー層に対してもサイトの利用が容易になります。

これにより、ユーザー層を拡大し、多様なユーザーに対応したサイトを提供できます。

また、レスポンシブデザインは、検索エンジン最適化(SEO)にも寄与。

Googleなどの検索エンジンは、モバイルフレンドリーなサイトを評価します。

レスポンシブデザインを採用することで、モバイルユーザーへの配慮ができ、SEOの向上につながります。

Responsive

チェックポイント

レスポンシブデザインは、ユーザーエクスペリエンスの向上やSEO対策、コンテンツ管理の効率化など、さまざまなメリットをもたらす

ウェブサイトやアプリケーションをより多くのユーザーに快適に提供するために、レスポンシブデザイン対応は必須

レスポンスデザイン対応のテーマを選定するコト

デザインがおすすめの有料テーマと公式デモサイトのデザイン

デザインがおすすめの有料テーマ5つの公式デモサイトのデザインをまとめました。

AFFINGERデモサイト

AFFINGER demo-site1
AFFINGER demo-site2
AFFINGER demo-site3

出典:AFFINGER6 (ACTION) 公式サイト

SWELLデモサイト

swell_demo01_3
swell_demo02_3
swell_demo03_3

出典:SWELL 公式サイト

THORデモサイト

THOR-demo01
THOR-demo02
THOR-demo03

出典:THOR 公式サイト

JINデモサイト

JIN-demo01
JIN-demo02
JIN-demo03

出典:JIN 公式サイト

SANGOデモサイト

SANGO-demo

出典:SANGO 公式サイト

DIVERデモサイト

DIVER-demo
DIVER-demo2
DIVER-demo3

出典:DIVER 公式サイト

賢威デモサイト

賢威-demo1
賢威-demo2
賢威-demo3

出典:賢威 公式サイト

デザインがおすすめの有料テーマの比較表【 5つのポイントで比較 】

これが、yume-tadaが調査した有料テーマです。

無料テーマはおすすめしません。おすすめしない理由はこちらから。

無料テーマをお探しの方は参考になりませんのでご了承ください。

テーマ
おすすめ度
特徴 ❶デザイン
拡張性
分析力公式デモサイト サポート レスポンシブ対応
AFFINGER
稼ぐコトに特化したテーマ
SEOに強い
カスタマイズの幅が広い
(初心者から中上級者まで)
タグ管理マネージャー
ABテスト
サンプルサイト1
サンプルサイト2
サンプルサイト3
サイトサンプル例
ブログサンプル例
購入ユーザー限定サイト
より問合せフォーム

専用マニュアルサイト
(購入ユーザー専用)
SWELL
デザイン性が高いサイトが
初心者でも作れる
1カラムサイトが得意
広告タグ管理
ABテスト
SWELLボタン
デモサイト1
デモサイト2
デモサイト3
デモサイト4
デモサイト5
デモサイト6
会員フォーラム

専用マニュアルサイト
THOR
クリック設定で
デザイン性の高いサイト
作成ができる
オールインワンテーマ
広告タグ管理
ランキング作成
記事分析
デモサイト01
デモサイト02
デモサイト03
デモサイト04
デモサイト05
デモサイト06
デモサイト07
デモサイト08
デモサイト09
会員フォーラム

公式サイトマニュアル
JIN
綺麗なデザイン
フォントが特徴
11のサンプルから
選んでサイトが作れる
デモサイト01
デモサイト02
デモサイト03
デモサイト04
デモサイト05
デモサイト06
デモサイト07
デモサイト08
デモサイト09
デモサイト10
デモサイト11
JINフォーラム

公式サイトマニュアル
SANGO
フラットな特徴的デザイン
実績も長く安定したテーマ
DEMO 公式サイトから
お問合せフォーム

公式サイト使い方ガイド
サイトカスタマイズガイド
DIVER
かっこいいデザイン
カスタマイズ機能多い
デザイン重視の方向け
デモサイト 公式サイトから
お問合せフォーム

公式サイト
カスタマイズマニュアル
賢威
高機能で実績も11年
安定したテーマ
サポートも充実
中級者向けテーマ
デザイン
バリエーション
公式サイトから
お問合せフォーム

公式SEOマニュアル
有料テーマ比較表

7つのデザインチェックポイント【まとめ】

デザインのチェックポイント7つをまとめました。

テーマデザイン7つのチェックポイント

  1. サイトの目的に合デザインが表現できるか ➡ ウェブサイトの目的やコンセプトに合うデザインが表現できるコト
  2. カスタマイズ性が高いか ➡ 新しい機能追加・変更、プラグイン導入・カスタムコード組込で、ウェブサイトの機能性を強化できるテーマを選ぶ
  3. レイアウト・カラースキームの柔軟性 ➡ あなたのサイトのコンセプトに調和したサイトカラーやレイアウトが自由に変更できるテーマを選ぶ
  4. デザインバリエーションの豊富さ ➡ デザイン要素はユーザーエクスペリエンス向上に寄与、アイコンやイメージの品質等をデモサイトでチェック
  5. デザインの独創性と差別化 ➡ ユーザーの心に響き記憶に残り再訪する可能性が高まる、ユーザーを魅了し競合他社との競争に勝ち抜く力を持つ
  6. ユーザーエクスペリエンス ➡ ユーザーの満足度向上・リピート促進、シンプルで直感的な操作ができる使いやすいテーマを選ぶ
  7. レスポンシブデザインに対応しているか ➡ ユーザーエクスペリエンス向上・SEO対策に寄与、レスポンスデザイン対応のテーマを選定するコト
Recommendation
ゆめただのり
ゆめただ

あなたに合ったデザインが実現できるテーマを選びましょう!

こちらの記事も参考に
reason-why-I-recommended-affinger_new2
AFFINGER6(アフィンガー6)を初心者におすすめする5つの理由【後悔しないテーマ選び】

続きを見る

-WordPress