SEO   ※当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

COMPASSからGRCへ乗り換える方法【図解】

yume-tada

method-to-transfer-from-COMPASS-to-GRC

本記事では、SEO分析ツール「COMPASS(コンパス)」から「GRC」へ検索条件を移行する方法についてまとめています。

COMPASSからGRCへ簡単に乗り換えってできるのだろうか?

Worried
お悩みさん

COMPASSからGRCへ乗り換えたいが、やり方がわからない。

findout
お調べさん
ゆめただのり
ゆめただ

「COMPASS」から「GRC」へ簡単に移行ができます。

COMPASSに限界を感じているあなた。

GRCへ乗り換えて、順位検索を効率的にやりましょう!

Duplicate

本記事を読んでわかるコト

「COMPASS」から「GRC」へ順位検索の条件リストを移行する方法

この記事を書いた人【ゆめただ】

この記事を書いた人
track?id=8172&type=classic&u=1a10a1d3 0998 4964 8913 901f64436523

COMPASSからGRC乗り換えるとき

SEOツールとして、順位検索ができるCOMPASS

買取で検索数も無制限とメリットも多いですが

検索時間がかかることが最大のデメリットです。

このため、記事数が増え検索クエリが徐々に増加してくると、地味に検索時間が長くなってきます。

そんなときに、乗り換えたくなるのが、「GRC」

初めは3語キーワードでロングテールを狙いますが、次を考えて2語キーワードも検索したり、

関連キーワードも含めて検索し始めると、1記事で複数検索することになります。

ゆめただは、記事数が50記事に近くなってきたので、限界を感じCOMPASSからGRCへ乗り換えました。

SEO analytics

移行できる内容

COMPASSで順位検索していた結果は、GRCに引っ越しすることはできません

COMPASSで検索していた条件(サイト名、サイトURL、検索語、グループ)は移行ができます

この検索条件リストをCOMPASSからGRCへ移行して、新たにGRCで順位検索を始めることになります。

SEO

移行方法のイメージ

検索条件はすべて移行ができます。

移行のイメージ図は以下の通りです。

COMPASSでサイト名、URL、検索ワードグループをCSVファイルにエクスポートします。

そのファイルを、GRCでインポートします。

word image 10765 1

具体的な移行方法

COMPASSからCSVエクスポート

はじめに、COMPASS側から、検索条件リストをCSVファイルへエクスポートします。

COMPASSの順位チェックから赤い「CSV上矢印」のアイコンをクリックします。

SEO_GRC_export_image2

ファイルを指定して保存をクリックし、ファイルに出力します。

word image 10765 3

COMPASのCSVファイルを編集

保存したファイルを、EXCELなどで編集します。

ファイルを開くと、このように検索条件と検索結果が保存されています。

「サイト名」、「サイトURL」、「検索ワード」、「グループ」を残し、あとはすべて消します。

SEO_GRC_export_image3

  

この状態にして、ファイルをCSV形式で保存します。

word image 10765 5

GRCへインポート

COMPASSで編集した、検索条件CSVファイルへインポートします。

GRCの「ファイル」ー「CSVファイルのインポート」をクリック。

SEO_GRC_export_image4

インポートするファイルのところで、参照をクリックします。

SEO_GRC_export_image5

CSVファイルを選択して、開くをクリック

SEO_GRC_export_image6

1行目をインポートしないにチェックを入れて、

データが入ったことを確認して、インポート実行をクリック。

SEO_GRC_export_image7

インポートが完了します。

これで、検索を実行開始できます。

SEO_GRC_export_image8
ゆめただのり
ゆめただ

COMPASSからGRCに移行しようと検討中のをあなた!

GRCも導入して、効率的にSEOを実践しましょう!

関連記事
reason-why-I-recommended-compass
COMPASSをおすすめする5つの理由

続きを見る

-SEO